お知らせ

ミニチュアダックスのめいちゃん🌸

Aさん宅のミニチュアダックス めいちゃん のご紹介です

 

女の子 13才

 

ちょうど2年前の6月に黄疸と咳で来院されました。

 

何件かの動物病院を経て、30分ほどとはおっしゃっていますが、

富山県から通院していただいています

 

2年間の間には、突然の低血糖症、子宮蓄膿症の手術など

 

色々なものを乗り越え、今はお薬が必要とはいえ

多少落ち着いた状態です

 

家族になった経緯などを伺いました

 

見に行ったブリーダーさんのところで5~6頭いた子犬達の中、

Aさん家族が呼んだら来てくれたそうです

 

元気がよく、おもちゃはバラバラ、ソファーはかじると

なかなかのお転婆さん

さみしがり屋でお留守番をして家族が帰ってくると

文句を言っていたそうです

 

飼い主さんもめいちゃんも病院通いは大変でしょうが、

これからも当院で出来るだけのサポートをしていきますよ

 

IMG_1042

IMG_1041

 

 

 

 

 

 

犬 猫 ウサギ ハムスター 診療中

金沢市 長坂 みどりが丘動物病院

 

5匹の子猫 お風呂にも入ります

実は、退院した子猫のほかにもう5匹入院中です

 

この子達は下痢は少しあるものの、今は結構活発、

ミルクも良く飲みます

 

みんなでいるといつの間にか「うんち」まみれになることも

 

で、時々お風呂に入ります、気持ちいいのか、ちょっと嫌なのか

でも、きれいにしないとかぶれるからね

 

きれいになったら、タオルでよーく拭いて湯たんぽで温めます

 

そしてみんなで団子になって眠ります、可愛いですよ

 

 

https://youtu.be/L7DY8GdStcs     お風呂の動画です

 

IMG_1028 揉みくちゃ?

IMG_1024IMG_0938

先生「この目でみつめられると心洗われるよ」と申しております(笑)

IMG_0954

上手にミルク飲みますよ

 

 

 

 

金沢市長坂 みどりが丘動物病院

犬 猫 ウサギ ハムスター 診療中

子猫退院しました!

前回、体調不良と結膜炎で入院していた子猫が退院しました

 

目もすっかりよくなり、今は子猫らしくいろんなものに
興味深々、おもちゃで遊び、トイレもシートの隅っこでちゃんとします
里親さんも迎える準備を整えて待っていらっしゃいました
2枚の写真をみてください、同じ子猫にはみえないくらい
かわいくなりましたよ
6月10日 保護したボランティアさんに連れられて
里親さん宅にもらわれて行きました
きっとかわいがって育てていただけるでしょう
ほんとによかったです

IMG_0976

IMG_0884
金沢市長坂 みどりが丘動物病院
犬 猫 ウサギ ハムスター 診療中

 

 

 

 

 

野良の子猫、入院治療中🐈

保護された野良の子猫、茶トラ オス

 

みどりが丘動物病院に来たときは目が重症な結膜炎、見えておらず、

 

下痢もしていましたかなり痩せており、栄養状態も悪く、

 

生活環境は想像できました、そのまま入院となりました

 

目がかなり癒着していたため、治療はしていたものの

 

見えないままになってしまう恐れもあり心配していました

 

しかし、治療のかいもあり、便もいい状態になり体重も増えました。

 

目の方もパッチリ開くようになり可愛くなってきましたし、

子猫らしく遊ぶようにもなりました

 

下の写真のように日を追うごとに良くなっていきました

(左から 5月26日 6月1日 6月6日)

 

里親さんはご夫婦で、この目の状態でも承知で飼うことを決めて下さいました

見えなくてもちゃんと生活できると、知り合いの方に聞いていたそうです

 

まめに面会にも来てくださり、目が良くなったのを大変喜んでくださいました

本当にありがとうございます

 

運のいい子だと思います。

 

野良の子に生まれて幼くして亡くなる子猫もかなりいますし、

野良猫として生きていくのも現実は厳しいです

 

もうすぐ退院里親さんのもとへ、大切にして頂けることでしょう

 

本当によかったです

 

IMG_0942

(日増しに綺麗になりました

子猫、大人猫の里親さん募集しております、当院までご連絡ください

 

 

 

 

 

金沢市長坂 みどりが丘動物病院

犬 猫 ウサギ ハムスター 診療中

 

 

 

 

ご長寿猫のニャンタくん🐱

 

Aさん宅のニャンタくんの紹介です

 

18才、みどりが丘動物病院でもかなりご長寿な猫さんです

 

年に2~3回往診に伺っています。

今回は歯が痛くて食べにくく食事量が少なくなった為

思い切って抜歯し、高齢もあり短期入院で様子を見ました

 

飼い主さんとの出会いは、

子猫の時に玄関先で鳴いていたのを保護したのがきっかけ

ノミがたくさんいて、目は目ヤニで空いておらず

おしっこもティッシュでポンポンして出し

食事も離乳食からだったそうです。

 

そんな恩もなんのその、なかなかのきかん坊で

噛みついたら離さない、トイレをした後は

きれいにするまで鳴いて「きれいにして」と訴える

なかなかのお猫様ぶりです

 

それでもここ2~3年はおとなしくなったそうで

Aさんは「もう少し長生きしてほしいわ」と

おっしゃっています

 

写真の通り見た目は老け込んでいないニャンタくん

もう少し頑張ましょう先生もサポートしますよ

IMG_0887

IMG_0885

 

 

 

 

犬 猫 ウサギ ハムスター 診療中

金沢市長坂 みどりが丘動物病院